2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

種のSDガンダム外伝を妄想するスレPART2

1 :通常の名無しさんの3倍:04/03/28 03:44 ID:???
すいません、あえてたてますた。


2 :k.w ◆.rgrRbWfD. :04/03/28 03:46 ID:???
前スレ種のSDガンダム外伝を妄想するスレ【騎士ストライク?】
http://ex3.2ch.net/test/read.cgi/shar/1062154423/l50

3 :通常の名無しさんの3倍:04/03/28 12:11 ID:???
前スレがイプシロンに荒らされてるように見えるな
とりあえず乙

4 :真イプシロンガンダム:04/03/28 20:30 ID:vYIVnff3
鎧闘神戦記終結から100年後の未来。
バロックガンの脅威は消え、大きな戦争も起こらず平和な世の中が続いていた。
しかしそのスダ・ドアカに再び「12神」の脅威が襲い掛かろうとしていた。

霊王神プロヴィデンス、天裁神ガノディン、聖魔神ドッペルガン。
スダ・ドアカの覇を虎視眈々と狙っていた3人の凶神。
彼らは自らの「選ばれし戦士」に力を与え、各々の「神戦士団」を結成。
彼らは勢力拡大のために全世界の国家の軍をのっとり、戦いを引き起こした。
かつての友好国間での血で血を洗う争い、また更にはその混乱に乗ずる
悪しき司祭、武器商人、野盗・・・・・・。

史上最悪最大の3つ巴の「地獄戦争(インフェルノウォー)」が勃発した。



「聖騎士ストライク」。彼は「聖魔神」に属する「選ばれし戦士」。
彼が率いる「エンジェルガード」はダバード王国を制覇し今ではストライクがそこの騎士団長である。
しかし彼は憂いていた。自ら「神の意思」のために戦っているとはいえ
所詮それは「弱者」にとってはただの「虐殺」・・・。悲しみしか生み出していないことに。

兵士「ストライク騎士団長!!た、大変です。演習中に正体不明の騎士が・・」
ストライク「どうした?」
兵士「我が軍団を強襲、負傷者数知れず、半壊滅的状態です!!」
ストライク「何!!」
現場に直行するストライク。
そこには一人の騎士が・・・・。
ストライク「貴様がやったのか?!」
??「・・・・・・・お前はこんな下らんことをしている男ではないはずだ」
ストライク「・・・・お前の名は??」

??「騎士・・・・イプシロンガンダム」

5 :真イプシロンガンダム:04/03/28 20:31 ID:vYIVnff3
ストライク「イプシロン・・・・ガンダム??いや、そんなことはどうでもいい!!部下の仇だ!!」
イプシロン「無駄な争いだ。よせ。」
聞く耳持たずに踊りかかるストライク。すかさず返しを放つイプシロン。
「ムウウッ」
一流の騎士同士の火花散る激闘。戦いは小一時間続いた。

そして勝者は・・・・・イプシロン。
地力の差、そしてなによりストライクの「心の迷い」が明暗を分けた。
ストライク「クッ・・・お前の勝ちだ。好きにしろ」
イプシロン「・・・お前を殺す意味はない。・・・お前にもわかるはずだこの戦いの愚かさが」

立ち去るイプシロン。
ストライク「イプシロン・・・ガンダム」

数日後。再編成されたダバード軍は「アルガス侵攻」を開始した。
隊長のストライクの心に大きな影を残しつつ・・・・・・。


アルガス王国軍・・・・・。
団長デュエル、副団長バスター、そして数百年の歴史を持つ法術、闘士、剣士部隊。
しかしその一枚岩の軍団も今大きな亀裂が入っていた。
「霊王神」によるバスターの造反、それに伴う兵の不安、不信感・・・。
しかしさすがは天才軍師と呼ばれたデュエル。ダバード軍の侵攻を前にして
持ち前の指揮能力、カリスマ性で自軍を鼓舞。互角の戦いを展開していた。

ストライク&デュエル「勝負!!」
ここで雌雄を決せんと両大将が激突。
ここで両者は全くの互角。全く優劣がつかず己が体力をどんどん消耗していく・・・。

そしてそれを見つめる黒い影。
バスター「おいしい展開になってきたぜぇ・・・・」


6 :真イプシロンガンダム:04/03/28 20:32 ID:vYIVnff3
デュエル&ストライクを炎塊が襲う!!
「グッハァ!!」「うおお!!」

バスター「団長、悪ィが『漁夫の利』といかせてもらうぜェ??」
デュエル「・・・バスター・・・まさかお前にやられるとはな」
バスター「・・・・あんたも俺のこういうエゲツねえとこが気に入ったはずだぜエ??・・あばよ」
デュエル、あきらめたかのように力なく笑う。

バッ
バスター「グハァッッ」

ストライク「イプシロン!?」
イプシロン「二兎追うものは一兎もえず・・・ともいうな」
バスター「おお・・・また面白い奴がきやがったぁ・・・・!!」

イプシロンVSバスター。しかし野党上がりの狡猾な戦法の前にさしものイプシロンも
苦戦を強いられる。


しかしその時、何者かの「波動」により四大ガンダムの動きが封じられた。
イプ「うッ!!」スト「な・・!!」バス「ガァッ」デュ「何・・・!!お前は」

その波動の出所を振り向くと・・・・・・。
アルガス騎士団法術隊長「法術師Dガンダム」!!
デュエル「何故・・・お前が・・・・」
D「フフフ・・・わたしの正体に全く気付いていないようですね・・・。ストライク、君は知っているでしょうこの顔を!!」


ストライク「まさか・・・・聖魔神ドッペルガン様!!」


7 :真イプシロンガンダム:04/03/28 20:32 ID:vYIVnff3
ドッペル「ふふふ・・・驚いているようですね・・ストライク・・・」
ストライク「何故・・・あなたが・・・・」
ドッペル「ふふ・・・そこのデュエルさん・・・彼がちょっと気になりましてね。
わざわざ法術隊長の姿を借りて少し調べさせていただきましたよ・・・・。合格です。貴方は我が軍にふさわしい。」
デュエル「何のことだ??」
ドッペル「あなたをヘッドハンティングしようといっているのですよ」
デュエル「イヤだといったら??」すこしカチンときたデュエル。
ドッペル「フフ・・・・貴方の愛するアルガスの民・・・・その生殺与奪の権・・・だれにあると思います?」
一同「!!??」
ドッペル「フフ・・・人格者かつ一流の導師Dガンダム・・・・迷えるアルガスの民全てに「呪」をかけることなどたやすいことですよ」
デュエル「貴様・・・・!!」
ドッペル「貴方が全てを私にゆだねればアルガスの民の命は保証しますよ・・・最も昔は私も大人気なくうっかり一国を滅ぼしてしまいましたがね・・・!!」
ストライク「!!・・・まさか・・・・」
ドッペル「ああ。あそこは貴方の国でしたね。でも今は満足でしょう。大国の騎士団長。あの程度の犠牲など安いものですよ」
バスター「・・・・・・うすぎたねえ神サマだ」
ストライク「キサマ!!許さん!!」



8 :真イプシロンガンダム:04/03/28 20:33 ID:vYIVnff3
ドッペル「む・・・な・・何??いかん!!こ・・・これでは」
ストライク「うおおおおおおお!!!」
ストライク!!パワーアップ!!
ストライク「貴様に受けた聖騎士の名!!返上する!!俺は!!騎士エールストライク!!」
ドッペル「う・・・うおお」
イプシロン「ストライク!!今のお前にふさわしい武器だ!!」

ガッ ストライク「シュベルトキャリバー!!」
イプシロンも刀を持ち構える!!

斬!!!!

ドッペル「ぐわああああああああああ・・・ククク・・・・この体は所詮仮のもの・・
ストライク・・・その裏切り、地獄に落ちても後悔することに・・・」

ストライク「黙れ!!」ザン!!

戦いは終わった・・・・。
アルガスとダバードはようやく停戦状態になり、わずかとはいえ平和が訪れた。
ストライク&デュエル、そしてイプシロンは意気投合。
バスターは依然「霊王神」の部下であるが明らかにその心には変化が・・・・。


しかしそれを見つめる2つの影。「天裁神」の守護騎士、ブリッツ、イージス・・・・

第一章「青狼の騎士」完


9 :真イプシロンガンダム:04/03/28 20:36 ID:vYIVnff3
【騎士イプシロンガンダム】【XHP6000】
記憶の一部を失っている謎の騎士。「天裁神」の力ε(イプシロン)フォースを
もっているところをみると「天裁神」の守護騎士なのか?
しかし彼は「地獄戦争」の無意味さ、悲しさを既に悟っている。彼の目的は一体・・・?
性格はクールであるが裏に隠れた熱き正義感は誰にも負けない。
腕はストライクを圧倒するほどである。

【聖騎士ストライクガンダム】【XHP5000】
小国ダカマの名門騎士団きってのエリート騎士だったが
「聖魔神」に目をつけられその力によって「ダカマ」は壊滅。
彼は「聖魔神」の引抜によって「選ばれし戦士」に。しかしその経緯を彼は知らない。
自らの行為は正当なものだと己を騙し続けていたが・・・・・。

【傭兵騎士バスターガンダム】【XHP7600】
野盗上がりの戦士であり正当な騎士の称号などもっていなかったが
アルガス名門出の騎士を殺して無理やりその座についた男。「副騎士団長」の地位についたこともある
たたき上げ・・・・であったが「霊王神」のお眼鏡にかなうとあっさり造反。
アルガスを出奔し「霊王神」直属の切り込み隊長に。戦闘力はイプシロンをも上回る。
その血塗られた経歴とは裏腹に単純で快楽主義者、涙もろい一面も。

【騎士団長デュエルガンダム】【XHP6000】
アルガス騎士団長。名門の出で高飛車な面もあるが有能。
副団長バスターの狡猾な面、またそれでいて稚気のあるところを気に入っており
上司部下を超えた友情で結ばれていた・・・・。が、バスターの出奔により両者は決別。
彼自身はアルガスに対する愛国心は強いが「神の力」にはどうしようも出来ないことは悟っている。
当然「神に選ばれる資格」はある強さである。


10 :通常の名無しさんの3倍:04/03/28 21:49 ID:???
最終的にイプシロンのオナニースレになったわけか

11 :真イプシロンガンダム:04/03/28 23:20 ID:vYIVnff3
>>10連投中継乙

第二章「魔都ザフト攻防戦」

「アルガス紛争」休戦から3カ月後。
ダバードは撤退したとは依然聖魔神の属国。
裏切り者の烙印を押されたストライクそしてイプシロンはデュエルによりアルガスの食客となっていた。わずかの間の平和・・・・。少なくともアルガス国民はそれを満喫していた。
しかし数カ月後のある晩。・・・
兵「デュエル騎士団長!!王が・・・・国王が・・・!!」
デュエル「どうした!!」
兵「・・・・・暗殺されました!!」
デュエル「何!!守衛は何をやっていた!!」
兵「わかりません・・・・守衛も全員無事、寝室は完全な密室・・・。何一つ証拠は残っていません・・・!!一体どうやって忍び込んだのか・・・・」
デュエル「・・・・完璧な暗殺者・・・・心当たりがある・・・。」

その翌日、デュエル、イプシロン、ストライク、そしてアルガス3部隊長。その6名がアルガス国王の娘、「マリュー」の命の下、一同に会した。
悲しみを押し殺し会議をとりしきるマリュー。
マリュー「デュエル・・・・それでは貴方は・・・父の下手人をご存知なのですね?」
デュエル「はい・・・。全く痕跡をのこさず、それでいて完璧な殺しの手口・・・・
証拠がないのが何よりの証拠。
魔忍ブリッツ。奴の所業に相違ありません。」
イプシロン「!!・・・・・乱破騎士ブリッツ・・・・・!?」
マリュー「貴方もご存知なのですか?イプシロン殿??」
イプシロン「はい・・・任務成功率100%、既に十数の国の王を殺め、・・・
そして・・・・・」
ストライク「そして??」
イプシロン「悪に堕ちた神、ガノディンに全てをささげた救いがたい男です・・・・。」

即日王位についたマリューは父の仇を討つため討伐軍を編成。
目標は・・・・・

天裁神の本拠地、「魔  都  ザ  フ  ト

12 :真イプシロンガンダム:04/03/28 23:21 ID:vYIVnff3
「魔都ザフト」・・・・。わずか数年でスダドアカ屈指の規模にのし上がった大都市にして
天裁神の本拠地。
そしてそこには

最強の騎士「天裁騎士イージス」
魔忍「乱破騎士ブリッツ」
その下にはスダ・ドアカからより集められた幾多の屈強の戦士たち。
強豪アルガス軍ともいえど勝てる見込みはない・・・・ザフト軍もそう考えていた。
しかし王を殺された怒りと哀しみにみちた兵士、デュエルの卓越した指揮能力、
そしてストライク、イプシロンという最強の助っ人達。
最強ザフトに対してさえ完全に押し戦であった。

イージス「・・・・・・やるな。」
ブリッツ「このままほうっておけば・・・」
イージス「負けぬまでも、ただでは済むまい・・・・・ブリッツ、すまないな」
ブリッツ「御意・・・」

前線で自ら指揮をとり敵将を打ち倒しているデュエル。
そこを謎の雷撃が襲う!!
デュエル「ぐはああああ!!」
ブリッツ「殺・・・・・!!」

ガッ
イプシロンが助太刀に入りデュエルは間一髪助かった!!
デュエル「・・・スマン、助けられたな」
イプシロン「気にするな・・・・それより魔忍ブリッツ・・!!Δフォースを悪用せし堕ちた騎士、罪を悔いよ!!」
ブリッツ「裏切り・・・者が・・・」

13 :真イプシロンガンダム:04/03/28 23:22 ID:vYIVnff3
イプシロンフォースの嵐撃、デルタフォースの雷撃・・・・・。
まさに一進一退の龍虎の激突!!
ブリッツ「グゥ!!」
イプシロン「もらった!!」
ブリッツ「・・・・・ここだ」
イプシロン「何!!」

両者の力量は全くの互角。一進一退の攻防が続く。
そこにストライクの救援が・・・・!!
ストライク「加勢するぞ!!」
ブリッツ「・・・・・何だと・・・!」
さしものブリッツも狼狽の気配。が・・・
ブリッツ「レイ・イリュージョン!!」
その掛け声とともに周りにまばゆい閃光が・・・・!!
スト&デュ&ε「ううっ」

そしてその後にはブリッツの影も形もなかった。
ストライク「しまった!!逃げられたか!!」
デュエル「しかし副将ブリッツさえ退却に追い込まれ相手は浮き足だっている・・・!!」
ストライク「チャンスだ!!」

勢いづいたアルガス軍は敵の本拠城「ヴェサリウス」に進軍を開始。
しかしイプシロンは浮かない様子。
「まだ・・・・・やつがいる!!」


14 :通常の名無しさんの3倍:04/03/28 23:50 ID:???
新スレになってもゴミクズ共しかいないようだな。

15 :真イプシロンガンダム:04/03/28 23:50 ID:vYIVnff3
デュエル「このまま一気に押し進むぞ!!」アルガス軍は完全に攻勢に回っていた。
場内になだれ込むアルガス軍団、そしてイプシロン&ストライク・・。
しかしその時・・・!!
マドロック「何!!・・・・」5Th「か・・・体が・・・・」4Th「動かん・・・!!」
なんと言うことだ。アルガス騎士団全員が何者かの力によって動きを封じられてしまった。
イプシロン「これは・・・・・エータフォースの力・・・・奴か・・・!!イプシロンフォース!!」

εフォースの力によりストライク&イプシロン&デュエルの動きのみ開放された。
??「ほう・・・我が力を跳ね返したか・・・・。」
デュエル「・・・・貴様が・・・・!!」
ストライク「・・・・・イージス!!」

デュエル「王の仇!!くらえ!!」ガッ
イージス「なるほど、いい腕だ、しかし我が力はこの程度ではないぞ」
イプシロン「まさか・・・・アルファフォースも??」
イージス「終わりだ!!」
デュエル&ストライク「グハアアアアアッ」
吹っ飛ぶ両者。イプシロンのみが耐える。
イプシロン「なぜ・・・貴様がαとηの力を・・・?」
イージス「さすがεの継承者・・・・。だが・・・もう・・・・」


16 :真イプシロンガンダム:04/03/28 23:51 ID:vYIVnff3
ドグァァァ!!
イージスに突如炎撃が襲い掛かった!!
イージス「何ィィ??」
バスター「よお、苦戦してるみてエだな」
イプシロン「何故・・・霊王神軍のお前が・・・・??」
バスター「俺も神でなくてめえの力を信じてみたくなったのヨ」
そういいながら負傷したデュエルを抱えるバスター。
バスター「・・・・とはいっても今コイツには勝てねえ!!引くぞ!!」
イプシロン&ストライク「・・・・ああ!!」
イージス「・・・・・クゥ!!」
金縛りもとけたアルガス騎士団ともどもバスターは退却を開始。
さすがはかつての副団長。見事に指揮能力で離脱を成功させた・・・。
しかし最小限には食い止めたといえ死傷者は数知れず・・・・。
アルガス騎士団は手痛い敗北を喫してしまった。

デュエル「・・・・・・ありがとう、バスター」
バスター「ああ??・・・まあ気にすんな、これからまたよろしく頼むぜ、相棒」
デュエル「ああ!!」

しかしこの敗戦と引き換えに彼らはまた新しい「希望の光」・・・を手にすることになった。

17 :通常の名無しさんの3倍:04/03/29 00:02 ID:???
   ( ・∀・)王の仇!!くらえ!!ガッ
  と    )    | |
    Y /ノ    人
     / )    <  >__Λ∩
   _/し' //. V`Д´)/
  (_フ彡        /  ←イージス

18 :真イプシロンガンダム:04/03/29 00:06 ID:MeBV0ZEd
・・・・・どことは知れぬ暗闇の中・・・・。

??「バスターが・・・・裏切ったと・・・」
衛騎士ラウ「・・・・・ハッ・・・!!申し訳ございませぬ!!プロヴィデンス様!!」
プロヴィデンス「・・・・良い。したたかな奴のこと、こうなることはある程度予見していた」
ラウ「ハッ・・・しかしこれでは我が軍の戦力は・・・・・」
プロヴィデンス「その通り・・・このままでは天裁神、聖魔神・・・奴らが図にのることは目に見えておる・・・」
ラウ「それでは・・・・・」
プロヴィデンス「・・・・・・三凶王を呼べ」
ラウ「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
・・・・・・し、しかし奴らは・・・・確かに奴らを呼べば我が軍の勝利は確実のものとなりましょう!!
しかし奴らは感情の抑えを何一つ知らぬ悪鬼!!味方でさえ何一つためらいもなく虐殺する無法者!!
例えこの戦の勝利しても我が軍は・・・!!」

プロヴィデンス「・・・・構わぬ。死の華は多いほうが美しい・・・!!」

第二章「魔都ザフト攻防戦」 完
To  Be Continued・・・・・・


19 :真イプシロンガンダム:04/03/29 00:13 ID:MeBV0ZEd
※微妙に文章変だ。訂正&追加。

・・・・どことは知れぬ暗闇の中・・・・。

??「バスターが・・・・裏切ったと・・・」
衛騎士ラウ「・・・・・ハッ・・・!!申し訳ございませぬ!!プロヴィデンス様!!」
プロヴィデンス「・・・・良い。したたかな奴のこと、こうなることはある程度予見していた」
ラウ「ハッ・・・しかしこれでは我が軍の戦力は・・・・・」
プロヴィデンス「その通り・・・このままでは天裁神、聖魔神・・・奴らが図にのることは目に見えておる・・・」
ラウ「それでは・・・・・」
プロヴィデンス「・・・・・・三凶王を呼べ」
ラウ「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
・・・・・・し、しかし奴らは・・・・確かに奴らを呼べば我が軍の勝利は確実のものとなりましょう!!
最強の騎士、イージスとはいえ奴らの前では赤子も同然!!
だが連中は感情の抑えを何一つ知らぬ悪鬼!!味方でさえ何一つためらいもなく虐殺する無法者!!
例えこの戦、勝利しても我が軍は・・・!!」

プロヴィデンス「・・・・構わぬ。死の華は多いほうが美しい・・・!!」

第二章「魔都ザフト攻防戦」 完
To  Be Continued・・・・・・

20 :真イプシロンガンダム:04/03/29 00:24 ID:MeBV0ZEd
【天裁騎士イージスガンダム】【XHP13000】
イージスは遂に秘められた力、α&ηフォースの力を解放した・・・・!!
まさに「最強の騎士」にふさわしい力。四大ガンダムを敵にしても互角以上である。
しかしそのフォースの力を彼はどのようにして手に入れたのか・・・??

【乱破騎士ブリッツガンダム】【XHP9000】
Δフォースの力を解放。それに加え東方忍者に伝わるありとあらゆる秘術をマスター。
まさにスダドアカ史上最高の「SHINOBI」である。
しかし彼の正体は依然不明・・・・。一体何者なのか・・・・??

21 :真イプシロンガンダム:04/03/29 00:38 ID:MeBV0ZEd
【重戦士ガンダムマドロック】【XHP1200】
アルガス騎士団戦士隊隊長。並ぶべきものなき怪力を誇り
二振りの斧が最大の武器。

【剣士フォーガンダム(※通称4TH)】【XHP1100】
アルガス騎士団剣士隊隊長。伝説の剣士「ゼータガンダム」に憧れ
剣士隊入り。持ち前の努力で隊長の座まで昇進した。

【法術師ファイブガンダム(通称5TH)】【XMP1000】
アルガス騎士団法術士隊隊長。「Dガンダム」の副官であったが彼の
「裏切り」により隊長に昇格。聖魔神にたいする彼の怒りは
並々ならぬものがある。ちなみに4THは彼の双子の兄である。

22 :真イプシロンガンダム:04/03/29 00:41 ID:MeBV0ZEd
ちなみに>>21はガンダム4号機〜6号機がモデル。

23 :通常の名無しさんの3倍:04/03/29 00:41 ID:BWh7fXsr
厨房の最後。厨房は逮捕されるとどうなるのか・・!?
記念カキコは今のうち・・
詳細
http://game3.2ch.net/test/read.cgi/netgame/1080471851/
しゃべれとぇとぇtンwレディース

24 :真イプシロンガンダム:04/03/29 00:59 ID:MeBV0ZEd
【霊王神プロヴィデンス】【XMP???】
スダ・ドアカ十二神の一人、霊王神。
文字通り死と魂をつかさどる神。その他、一切データ不明。

【衛騎士ラウ】【XHP2000】
霊王軍親衛隊隊長。人間族としては最強クラスの騎士。
プロヴィデンスに影のように付き従い守っている。



20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)